各種施設・ビルの
バリアフリーリフォーム

Barrier free

バリアフリー化へのススメ

高齢化社会に求められるバリアフリーリフォーム

マンションの大規模修繕リフォームは、どちらかというと「現状回復」的な要素が強いわけですが、高齢化社会を迎えるにあたってマンションのバリアフリー化も新たな課題となっています。
共用部分のバリアフリー化リフォームは、住民の安全・安心をつくりだすだけでなく、訪問者に優しいマンションとしての社会的評価、将来を見据えたマンションとして資産価値の向上にも寄与します。
全体計画(バリアフリーの概念・コンセント、スイッチの高さ等)高齢者対応を考慮するとき、歩行の問題、入浴、トイレの問題の解消を図ることが重要になってきます。

安心・安全の提供

バリアフリー化することで施設利用者や住民に対して、快適で安全な空間の提供が可能になります。

資産価値の向上

バリアフリーリノベーションを行うことで建物の資産価値が上がります。

社会的評価の向上

バリアフリー化されていることが一つのステータスとなり、地域や施設利用者からの評価向上に繋がります。

リフォーム内容

バリアフリーリフォームでできること

01.

スロープの設置(段差の解消)

水から建物を守るための段差がありますが小さなスロープを設けることでバリアフリー化することができます。スロープは段差を解消するための福祉用具の一つです。介助者にとってもその動作を補助する役目をしています。車椅子により移動や歩行に困難がある要介護者の方を補助する役割を持ちます。少しの段差でも階段を上る事が難しいかたにとってはかなりの負担になります。また車椅子での移動を行う要介護者にとっても僅かな段差によって移動を制限されることもあります。

 

スロープの写真

02.

自動ドアの設置(扉の開閉)

多くのマンションの入り口は開き戸方式で車椅子使用者には不便です。自動ドアは高齢者や障害者等、多くの人が簡単に扉の開閉ができます。最近ではエントランスだけではなく公共機関や自治体でもトイレなどの様々な場所で自動ドアの設置を促進しています。

 

自動ドアの写真

03.

床のリフォーム

見落としがちな床のリフォームもバリアフリーリフォームにとって、とても重要です。実は、高齢者の転倒事故は屋外よりも室内での転倒の方が圧倒的に多いのです。滑りにくく、つまづくことのない床の仕上げと部屋入り口段差の解消。車椅子、歩行器に対応して廊下幅を拡大する。など床のリフォームはできる事がたくさんあります。床には許容荷重がありますがこれを超えて荷重がかかった場合は、床にひび割れが入り、大きなたわみが発生します。

 

床の段差を無くした写真

04.

エレベーターの新設・改修

多額の費用、建物構造の問題をクリアできたらまず行いたいバリアフリーリフォームのひとつです。 一度乗ってしまえば目的地まで直接いけて、スムーズに移動できるエレベーターがあれば誰でも楽に移動でき ます。また、エレベーターの法定償却耐用年数は 17 年です。長年利用されたエレベーターはメン テナンスを行っていても老朽している可能性があります。 往年よりエレベーターには様々なニーズが求められています。芙蓉建設はお客様の目的にあったものをご提案 します。

 

エレベーターの写真

05.

建具の変更

車椅子を利用している方はちょっとした段差や通路が負担になる事があります。ドアを一つ付け替えるだけで 悩みを解消できるかも知れません。また建具は 1 日以内で変更できる手軽なプランがたくさんあります。 例えばドアノブをレバーハンドルに変更する事でドアを開ける力を軽減する事ができます。また、開き戸を引 き戸または吊り戸に変更する事でドアがより開けやすく、吊り戸の場合は段差も気にする事なく生活できます。

 

建具を変更した後の写真

06.

手すりの設置

手すりには2つのタイプがあります。1つ目は転倒を防止する手すりで玄関・トイレ・浴室などに設置されて います。2つ目は移動する際に手を添えて使い、階段や廊下などに多く見られます。、近年階段からの転落事故 は増加傾向にあり 50 年前と比べ約7倍に増加しています。手すりは、高齢者・障害者だけではなく小さなお子様、 妊婦など全ての人にとって使いやすいものです。用途に合ったものを慎重に選びましょう。

 

手すりを増やした後の写真

07.

レイアウトの計画

バリアフリーを考える際には誰もが快適に過ごせるレイアウトも重要です。企業での障害者雇用が広まっていく中でもバリアフリーの重要性は高まってきています。デスクを車椅子で使える幅の広いものに変更したり車椅子でも展開できるようなスペースを設けたりすることで障害者も過ごしやすい環境になります。

 

車椅子の人が作業しやすい環境

08.

照明の計画

バリアフリーのリフォームでは照明も大きな効果をもたらします。例えば、睡眠を抑制するホルモンのメラトニンは光の影響を受ける事が研究によって明らかになっています。睡眠障害は認知症の原因にもなっているのでどのような照明の色にするかじっくり決める事が大切です。また、照明スイッチもボタンの範囲も広げる事、ほたるを埋め込む事でよりわかりやすく・簡単に電気をつける事ができます。

 

照明器具の写真

総合建設会社で培った確かな技術で
最適なリフォームをご提案致します。
まずはお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

芙蓉建設グループサイト

芙蓉建設公式サイト
山梨県全域の不動産情報 | 山梨不動産ナビ!
富士五湖周辺の不動産 | フジエステート
芙蓉建設オリジナル住宅 | ハイパーホーム
山梨県のウィークリーマンション情報 | マンスリーフヨウ
富士山溶岩の湯 | 泉水
富士吉田市のビジネスホテル芙蓉
山梨県の露天風呂があるビジネスホテル | リゾートイン芙蓉
富士山リゾートログハウス | ふようの宿
みんなに夢のマイホーム | エースホーム

TOP